Introducing

時代を超えたスタイルをモダンに再解釈

2018年INTRODUCINGコレクションと同じDNAを感じさせるウィメンズINTRODUCINGは、ベルスタッフが誇る豊かな伝統からインスピレーションを得て未来への新たな道筋を描いたカプセルコレクションです。アーカイブ作品を再訪して革新的で機能的なシルエットを振り返り、現代のレンズを通して再解釈したアイテムが揃います。

クラシックなインスピレーションとモダンイノベーションが再び融合。

GARRISON

The Garrison Jacket

アーカイブへの再訪は1930年代、ベルスタッフがアメリア・イアハートやエイミー・ジョンソンのような冒険者たちに飛行用ウェアを提供していた頃のアイテムを出発点とします。GARRISONコートはミリタリースタイルを前面に打ち出したタイムレスな七分丈のコートです。クラシックなSTORMコートをベースにしながら、その伝統的スタイルに囚われることなくモダンなディテールをプラス。丈夫なコットン素材を使用し、ライニングは施さず、シール加工シームを採用することで、軽量でシンプルながら頑強な仕上がりを実現しました。

The Trail Jacket

一方、JOURNEYジャケットのデザインの核となったのは、1950年代のオートバイ用パニアバッグや旅行カバンに使われていた丈夫な生地の採用です。その結果、緻密に織られたコットンキャンバス地による優れた耐久性を備えたジャケットが生まれました。さりげなく目を引くハンドワックス加工のブライドルレザーのトリムが、このデザインの原点を物語っています。このジャケットの人気の秘密は、何度も洗いをかけて仕上げたことによる着慣らしたような雰囲気です。厳しい冒険にも耐える耐久性と抜群の着心地の良さが融合しています。

The Cooper Jacket

ウィメンズCOOPERジャケットは、1950年代のスタイルをすっきりとしたラインでアップデートしたアイテムです。ポインテッドカラーとシンプルなシルエットが特徴的なこのスクータージャケットは、50年代当時のバイカーや新しい物好きのモッズ族から普遍的な人気を得ましたが、その理由は明らかです。時代の空気を感じさせるポインテッドカラーが醸す古典的な雰囲気と、手作業仕上げのラグジュアリーなフルグレイン カーフスキンレザー、洗練されたスリムカットを見事に融合したデザインは、新しく、そして時代を超えたシルエットと言えるでしょう。

このタイムレスなスタイルとモダンイノベーションとの融合は、RIDERパンツのスリムなテーラードデザインにも当てはまります。ストレッチツイルのような現代的な素材にバイカー風のジッパーディテールをあしらった、フォルムと機能性を兼ね備えたスタイルで、動きやすさを重視したデザインにモダンなひねりを加えました。コレクション全体の色使いは、落ち着きのある暖かなアースカラー。ブラウン、グレー、ディープインディゴをバランスよく組み合わせることで一貫した特徴を打ち出し、親しみやすい印象と機能性を感じさせるコレクションに仕上げました。

ここに紹介されていないアイテムも含め、コレクションのすべてが「過去や伝統の継続を核としながらクラシックスタイルを現代風に再解釈する」というテーマに沿ってデザインされています。ウィメンズREMMIEシャツは、永遠の定番ともいえるウェスタンシャツへの回帰からインスピレーションを得たスタイルです。また、CLARAヘンリーネックとHARBOURロールネックは、ボディラインに沿ったすっきりしたデザインと快適さ重視のソフトな着心地に仕上げられています。

伝統とコンテンポラリーが融合したデザインのアウターウェア、ニットウェア、パンツ、シャツで構成される、INTRODUCINGコレクション。過去をしっかり振り返ることで、ブランドがどうあるべきかをより明確にした、タイムレスな魅力に溢れるベルスタッフの新しいコレクションです。